ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 マスターズ
期間:04/06〜04/09 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

ガルシアがメジャー74戦目で初制覇!プレーオフでローズ下す 松山は11位

◇メジャー第1戦◇マスターズ 最終日(9日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

メジャー挑戦は74試合目。セルヒオ・ガルシア(スペイン)は、今大会73ホール目でついに初の栄光をつかみとった。ジャスティン・ローズ(イングランド)とのプレーオフ1ホール目、ボギーとしたローズに対し、ガルシアはバーディフィニッシュ。グリーン上で雄叫びを上げて歓喜した。

首位から出た2人の勝負は一進一退を繰り返した。サンデーバックナインで一時は2打差をつけられたガルシアだったが、14番バーディ、15番(パー5)は2打目をピンに当てるスーパーショットでイーグルとして再び首位に並んだ。16番、17番と1ホール毎に順位は変わり、最終18番はともにチャンスを逃してパーフィニッシュ。勝負はプレーオフへと持ち込まれた。

ガルシアは初のメジャータイトル。スペイン人としては、セベ・バレステロスホセ・マリア・オラサバルに続く3人目のグリーンジャケットホルダーとなった。くしくも、この日は2011年に亡くなったバレステロスの60回目の誕生日だった。

通算6アンダーの3位にはシャール・シュワルツェル(南アフリカ)。通算5アンダーの4位には、この日16番で大会初のホールインワンを決めたマット・クーチャーと、大会初出場のトーマス・ピータース(ベルギー)が入った。

キャリアグランドスラムを目指したロリー・マキロイ(北アイルランド)は、通算3アンダーの7位。最終組の1組前から出たジョーダン・スピースは、12番(パー3)で2年続けてレイズクリークに入れるなど「75」と崩れて、通算1アンダー11位となった。

松山英樹は最終日に7バーディ、2ボギーの5アンダー「67」で回って通算1アンダー。最終日に巻き返して11位とし、翌年の「マスターズ」出場権を確保できる上位12位以内で4日間の戦いを終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 マスターズ




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。