ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

前年Vの松山英樹が暫定2位発進!石川遼18位、首位にクーチャー

◇米国男子◇ウェイストマネジメント フェニックスオープン 初日◇TPCスコッツデール(アリゾナ州)◇7266yd(パー71)

ディフェンディングチャンピオンの松山英樹が6バーディ、ノーボギーでプレーし、優勝した前年初日と同じ6アンダー「65」をマーク。首位と1打差の暫定2位発進とし、自身初の大会連覇に向けて好スタートを切った。競技は9人を残して日没サスペンデッドとなった。

松山は強みのショットが冴え、わずか1ホールだけグリーンを外したパーオン率は94.44%を記録。「ショットはだいぶ良くなってきている。あともうちょっとですね」と好感触を手に2日目に進む。

7アンダーで暫定首位に立ったのは、1イーグル、5バーディ「64」としたマット・クーチャーブレンダン・スティールが松山と並び6アンダーの暫定2位タイとした。前年大会で4ホールに渡るプレーオフで松山に敗れたリッキー・ファウラーは4アンダーの暫定9位タイにつけた。

石川遼は、松山と同じくグリーンを外したのは1ホールのみと安定したプレーを続け、3バーディ、ノーボギーにまとめる「68」でホールアウト。3アンダーの暫定18位タイと上々の位置につけた。

なお、初日のギャラリー数は10万3420人。1週間を通しての大会最多動員数を記録した昨年(61万8365人)の初日10万1021人を超えた。

関連リンク

2017年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~