ニュース

米国男子ツアー選手権byコカ・コーラの最新ゴルフニュースをお届け

ツアー選手権byコカ・コーラ
期間:09/24~09/27  場所: イーストレイクGC(ジョージア州)

スピース、年間王者へ単独首位 松山英樹は10位で最終日へ

2015年 ツアー選手権byコカ・コーラ 3日目 ジョーダン・スピース
ジョーダン・スピースが最終18番でヘンリック・ステンソンを逆転し、単独首位に立った【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 J.スピース -8 202
2 H.ステンソン -7 203
3 R.ファウラー -4 206
3 P.ケーシー -4 206
5 R.マキロイ -3 207
5 Z.ジョンソン -3 207
7 J.B.ホームズ -2 208
8 B.ワトソン -1 209
8 J.ローズ -1 209
10 D.バーガー 0 210

スコア詳細を見る

◇米国男子◇ツアー選手権byコカ・コーラ 3日目◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7307yd(パー70)

今シーズンの年間王者を決めるプレーオフシリーズ最終戦。3日目を終えて単独首位に立ったのは、今季メジャー大会2勝を挙げたジョーダン・スピース。3日連続の60台となる「68」をマークして通算8アンダーとし、2位とは1打差。最終18番で6mのバーディパットがカップに沈むと、ギャラリースタンドの大歓声は雨を切り裂き、コース内に響き渡った。

通算7アンダーで2位に続くのは、この日「72」とスコアを落とした2013年のフェデックスカップチャンピオン、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)。通算4アンダーの3位に、リッキー・ファウラーポール・ケーシー(イングランド)の2人が続き、通算3アンダーの5位に、ロリー・マキロイ(北アイルランド)とザック・ジョンソンがつけた。

現在、フェデックスカップランキングで首位に立つジェイソン・デイ(オーストラリア)は、この日パープレーとスコアを伸ばせず通算イーブンパーのまま。「69」で回った松山英樹らと並ぶ10位とした。

スピースは優勝すれば、文句なしのタイトル奪取。2位につけるステンソンが優勝すると、その瞬間タイトルはステンソンのものとなる。同様に優勝でタイトルを確定できるのは、ファウラー、バッバ・ワトソン、デイの計5選手。他の選手が勝った場合は、周囲の成績次第で年間王者が確定する。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~