ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/13〜08/16 ウィスリングストレイツ(ウィスコンシン州)

J.デイがメジャー初制覇、スピース世界ランク1位に 岩田寛21位

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 最終日◇ウィスリングストレイツ(ウィスコンシン州)◇7501yd(パー72)

首位から出たジェイソン・デイ(オーストラリア)が7バーディ、2ボギーの「67」でプレーし、通算20アンダーとして逃げ切りで優勝し、初めてのメジャータイトルを手にした。

20アンダーに乗せてフィニッシュしたのはメジャー史上初めてで、タイガー・ウッズが2000年の「全英オープン」で記録した19アンダーを更新。デイはウィニングパットを決めると、目に大粒の涙を浮かべてキャディ、家族と抱き合い、喜びを分かち合った。

最終組でデイとラウンドしたジョーダン・スピースが6バーディ、2ボギーの「68」とし、通算17アンダーで単独2位に入った。今季のメジャー3勝目は逃したが、17位に終わったロリー・マキロイ(北アイルランド)と入れ替わり、世界ランキングで初めてトップに立つことになった。

日本勢は、岩田寛が3バーデイ、2ボギーの「71」で通算7アンダーとして21位。松山英樹は「74」と2ストローク落として、通算3アンダーの37位に終わった。小田孔明は通算6オーバーの72位だった。

関連リンク

2015年 全米プロゴルフ選手権




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~