ニュース

米国男子WGCキャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 WGCキャデラック選手権
期間:03/05〜03/08 トランプナショナルドラール(フロリダ州)

ジョンソンが5打差を逆転! 松山英樹は23位浮上でフィニッシュ

2015/03/09 07:56

◇世界ゴルフ選手権◇WGC キャデラック選手権 最終日◇トランプナショナルドラール(フロリダ州)◇7524yd(パー72)

首位と5打差からスタートしたダスティン・ジョンソンが4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、通算9アンダーで今季初優勝。13年11月の世界ゴルフ選手権「WGC HSBCチャンピオンズ」以来となるツアー通算9勝目を、鮮やかな逆転で手にした。

単独首位から出たJ.B.ホームズが前半からスコアを落とす一方で、同じ最終組のジョンソンが着々とバーディを重ねていった。前半に1つ伸ばし、代わって首位に立ったバッバ・ワトソンを3打差で追ってサンデーバックナインへ。ワトソンが11番から4ホールで3ボギーを喫する隙に、10番(パー5)、15番のバーディでついに逆転。そのままリードを保ち、息詰まる接戦を制した。

ホームズは「75」を叩いて5打差のアドバンテージを守れず、通算8アンダーの2位で終了。昨年11月「HSBCチャンピオンズ」に続くWGC連勝がかかっていたワトソンは、通算7アンダーの3位に終わった。通算4アンダーの4位に、アダム・スコット(オーストラリア)とヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が続いた。

40位からスタートした松山英樹は5バーディ、3ボギー「70」をマーク。最終日にして初のアンダーパーを記録し、通算2オーバーの23位で4日間を終えた。小田孔明は通算16オーバーの68位。藤田寛之は通算27オーバーの73位と、最下位から抜け出せなかった。

関連リンク

2015年 WGCキャデラック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~