ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

1996年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/08〜08/11 バルハラGC(ケンタッキー州)

雷雨で試合中断。尾崎直道は3オーバーで初日終了。

日本から尾崎兄弟、中島常幸、東の4人が挑戦している全米プロ。早いスタートだった尾崎直道は1番ホールをバーディ発進ながら8番でダブルボキーなど苦戦、初日を3オーバーの75で締めくくった。

試合は激しい雷雨のため長時間の中止を強いられ、結局全選手のホールアウトは不可能。途中終了の選手は2日目の朝から続きをプレーすることとなった。
ホールアウトした選手の中ではケニー・ペリーが6アンダー。、スチーブ・エルキントンが5アンダー。ニック・プライスが4アンダーなど。フィル・ミケルソンは12番6アンダー時点で中断している。

また東聡は1アンダー(16番)、ジャンボ尾崎も1アンダー(13番)。中島常幸は2オーバー(11番)という状況。

関連リンク

1996年 全米プロゴルフ選手権

  • 1996/08/08~1996/08/11
  • 賞金総額:2,400,000US$
  • バルハラGC(ケンタッキー州)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~