ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ベルサウスクラシック
期間:03/29〜04/01 TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

パットの名手、S.マッキャロンが5年ぶりに大会を制覇した。

2001/04/02 09:00

ジョージア州のTPCシュガーローフで行われているベルサウスクラシックの最終日。大会初日にあたる現地時間3月29日が、雨のため競技中止となった。予選ラウンドがそれぞれ1日づつ後ろだおしになり、予定されていた最終日の4月1日に決勝の2ラウンド(36ホール)が行われた。

前日セカンドラウンドを終了して首位と2打差の4位タイにつけていた、横尾要にとっては長い1日となった。前日の15番ホールまでボギーを1つも叩かなかった横尾だが、16、17番での連続ボギーで2日目を終えた。そして迎えた最終日は、時より風速20メートルもの強風が吹き、サードラウンドの前半9ホールで5ボギーを叩き、2アンダーまで一気にスコアを落としてしまった。

一度歯車が狂いだすと、その勢いを止めることはできなかった。ファイナルラウンドではスタートから、ボギー、ダボ、ボギーと苦しい展開で、このラウンドでも6オーバーを叩きトータル4オーバーで34位タイで終了した。

一方、セカンドラウンドでスコアを伸ばせなかった丸山茂樹は、3ラウンドをなんとか3ボギーに押さえた。 しかし、ファイナルラウンドに入り残り9ホールを向かえ、1番、3番ホールでダブルボギーを叩くなどスコアを伸ばすことができず、トータル3オーバーで27位タイとなった。丸山は次週のマスターズ出場を控えているため、試合後も最後の調整を行っている。

各選手が風の影響でスコアを崩す中、サードラウンドを終えて28位のM.ウィアが5つスコアを伸ばし、単独の2位に食い込んだ。ディフェンディングチャンピオンのP.ミケルソンはセカンドラウンドで3位に浮上したが、その後スコアを伸ばせず、結局3位タイでフィニッシュ。要所で得意のロブショットが冴え、スコアメイクしたミケルソンが来週のマスターズではタイガー・ウッズの好敵手になるだろう。

そして、この日36ホールに及ぶ長い1日の最後に笑ったのは、1997年にこの大会で優勝しているS.マッキャロンだった。マッキャロンはセカンドラウンドで9アンダーの首位タイになり、最終日はスコアを1つ落としただけ、得意のパットでねばり勝利をつかんだ。これでツアー通算3勝目となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ベルサウスクラシック




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。