ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

M.クーチャーが初優勝!H.メイハン連覇を逃す

◇世界ゴルフ選手権◇WGCアクセンチュアマッチプレー選手権 最終日◇リッツカールトンGC(アリゾナ州)◇7791ヤード(パー72)

初日が降雪のためにサスペンデッドになったため、大会の進行スケジュールは1日ずつ遅れ、最終日に準決勝2試合と決勝戦、3位決定戦が行われた。準決勝で勝利を収めたのは大会連覇を狙うハンター・メイハンと初優勝を狙うマット・クーチャーの2人。ともに4アンド3で勝ち上がった。

注目の決勝戦は4番でボギーをたたいたメイハンに対し、クーチャーがパーセーブで1アップ。5番、6番とアプローチ、パッティングで苦戦するメイハンとは対照的にクーチャーは絶妙なアプローチで3アップとリードをひろげた。

後半に入り、メイハンも意地を見せる。14番では右からの強風を読み切りピン1mにつけてバーディを奪い、打ち下ろしの16番パー3は着実に1オン。ティショットがグリーンを大きくオーバーしボギーをたたいたクーチャーのリードは1つとなった。しかし、アップドーミーホールとなった17番でメイハンは、フェアウェイバンカーからの2打目をミス。このホールの負けを認め、クーチャーが2&1で初のWGCタイトルを獲得、ツアー通算5勝目をマークした。

3位決定戦は準決勝でメイハンに敗れた2010年大会覇者のイアン・ポールター(イングランド)と、過去3回出場し3回戦進出が最高だったジェイソン・デイ(オーストラリア)の2人。4番で2アップとしたポールターに対し、7番から3連続でポイントを奪ったデイが試合を優位に進めた。3アップで迎えた16番、17番と連続してポールターに奪われるが、最終18番でパーセーブをしたデイが1アップで逃げ切った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。