ニュース

米国男子ビュイッククラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ビュイッククラシック
期間:06/06〜06/09 場所:ウエストチェスターCC(ニューヨーク州)

ベテランのL.ロバーツが7アンダーで単独首位

米国男子ツアー「ビュイック・クラシック」がニューヨーク州のウエストチェスターカントリークラブで開幕した。次週に行われる全米オープンの開催コース、ベスページに近く、コースセッティングも似ているということで多くのトッププレーヤーが参戦している。

初日首位に立ったのは7アンダーのローレン・ロバーツ。10番からスタートしたロバーツは、16番でこの日2つ目のボギーを叩きイーブンパーにしてしまうが、17番からの11ホールで7つのバーディを奪い首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

ツアー通算7勝のロバーツは今年48歳になるベテランで、今シーズンは2月のツーソンオープンで2位。12試合に出場して予選落ちが3回と、安定した成績を残している。

1打差の2位にはジェリー・ケリーなど3人、5アンダー5位にクリス・スミス、デビッド・ゴセットが並んでいる。そして4アンダー7位には全米オープンの連覇を狙うレティーフ・グーセンを含め8人の集団になった。

今週はレギュラー組の田中秀道横尾要に加え、日本の賞金王 伊沢利光が参戦している。伊沢は全米オープンに向けて調整を兼ねてこの試合に参加しているのだ。10番ホールからスタートした伊沢は、バーディスタートを切ったのだが、すぐにボギーを叩いてしまった。この日はバーディを4つ奪ったのだが、ボギーが3つにダブルボギーが1つで1オーバー80位と少し出遅れてしまった。

また、田中と横尾はこの試合の直前に全米オープンの最終予選に臨んだ。そして、2人とも予選を突破。その疲れが出たのか、横尾は2オーバー101位、田中は6オーバーで149位と大きく出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ビュイッククラシック




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!