ニュース

米国男子ビュイッククラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ビュイッククラシック
期間:06/19〜06/22 場所:ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

米ツアー「ビュイッククラシック」優勝インタビュー

-「今日は長い一日でしたね、3日目を終えた時点で、上位が混戦模様でした。しかし最終日の出だし7ホールで3バーディ、2位以下に2打リードしていたが、スコアボードは見ていましたか?」

ジョナサン・ケイ
「いいえ、ぜんぜん見ていませんでした。9番でボギーを叩いた時、スコアボードを初めてみました。10番でひどいティショットを打ってしまったけれど、なんとかパーセーブすることができました。あのパーセーブはキャリアの中で最も重要なパーセーブだったかもしれません。後半プレーが少し不安定になり始めていたけれど、なんとかスコアをまとめました」

-「9番フェアウェイで足を引きずっているように見えましたが?」

ジョナサン・ケイ
「足がちょっと痛く、歩くときだけ痛みを感じました。でも普通にラウンドするくらいなら平気です」」

-「上位が混戦模様で、多くの選手が追い上げてきましたけれど、プレッシャーは感じましたか?」

ジョナサン・ケイ
「あまり周囲の状況には惑わされないように努めていました。自分のプレーにだけ集中するようにしていたんです。私が16番グリーン上にいるときに、ジョン・ロリンズが12アンダーまでスコアを伸ばしていて、並ばれてしまい正直焦りました。17番でバーディチャンスがあったのに、活かすことができませんでした。そうしたらロリンズが18番でバーディを奪い逆転されてしまったから、なんとか18番でイーグルを取ってやろうと思いプレーしたけれども、結局バーディでプレーオフでした」

-「プレーオフでイーグルを奪うとは、最高の締めくくりでしたね」

ジョナサン・ケイ
「そうですね。昨年もクリス・ライリーとプレーオフに突入したことがありました。あの時も良いパットを打ったのですが、勝利の女神にそっぽをむかれてしまい、負けてしまいました。、今回は私の番だったみたいです」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ビュイッククラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!