ニュース

米国男子 ベライゾン・バイロンネルソン クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ベライゾン・バイロンネルソン クラシック
期間:05/09~05/12  場所: TPCフォーシーズンリゾート、コットンウッドバレイGC(テキサス州)

T.ウッズが首位と8打差1オーバー96位と大きく出遅れた

2002/05/10 09:00

順位 選手名 通算 合計
1 B.モルダー -7 63
1 J.デュラント -7 63
3 E.トレド -6 64
3 N.プライス -6 64
3 F.リックライターII -6 64
3 D.ゴセット -6 64
3 L.ジャンセン -6 64
8 S.フレッシュ -5 65
8 P.U.ヨハンソン -5 65
8 T.シェラー -5 65

スコア詳細を見る

米国男子ツアー「ベライゾン・バイロンネルソン クラシック」が開幕した。この大会はテキサス州のTPCフォーシーズンリゾートとコットンウッドバレイGCの2つのコースを使用して行われる。

初日首位に立ったのはコットンウッドをラウンドしたJ.デュラントと、フォーシーズンのB.モルダーの2人が7アンダーをマークした。そして3位以下も両コースをラウンドした選手が半分半分という割合で上位を占めた。2コースの難易度がほぼ同じように設定されていたようだ。

大会のホストを務めるバイロン・ネルソンは「今日はもっとスコアが伸びると思った」という。気温も上がらず、グリーンはボールが止まりやすい状態で、コースコンディションに満足した様子だった。

各選手がスコアを伸ばす中、T.ウッズは思うようにバーディを奪うことが出来なかった。コットンウッドをラウンドしたウッズは、3番ホールでボギーを叩き、前半はバーディなし。後半に入り11、12番で連続バーディを奪ったが、15、18番でもボギーを叩いてしまった。1オーバー96位と大きく出遅れてしまった。

ネルソンの持つ113試合連続予選通過という大記録を現在86試合で追っているウッズ。そのネルソンの目の前で記録を途絶えてしまうピンチになった。

今週の日本勢は丸山茂樹田中秀道が出場。ウッズの1組前をラウンドした丸山は5バーディ、2ボギーの3アンダーを奪い22位とまずまずのスタート。田中はボギーが先行する苦しい立ち上がりで、3オーバーまで落としたが、13番からバーディを3つ奪いイーブンに戻した。しかし、17番パー3で再びボギーを叩き1オーバー、ウッズと並び96位と出遅れている。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~