ニュース

米国男子グレーター グリーンズボロ クライスラークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

最終日もスコアを伸ばしたR.メディエイトがツアー5勝目を決めた

米国男子ツアー「グレーター グリーンズボロ クライスラークラシック」は2位と2打差で最終日を迎えたR.メディエイトがスコアを1つ伸ばし、通算16アンダーで逃げ切った。2000年のビュイックオープン以来ツアー5勝目となった。

4番パー3でボギーを叩いたメディエイトだが、続く5、6番で連続バーディを奪いスコアを伸ばした。追ってくるはずの選手もスコアを伸ばせず苦しんでいたので、メディエイトにとっては楽な展開だった。

2打差の単独2位でスタートしたM.カルカベッキアは、2番パー5でバーディを奪ったが、11番までにボギーを3つ重ね11アンダーまで落としてしまった。この時点でメディエイトに5打差をつけられては2位に狙いに切り替えるしかない。後半は好調のパッティングが決まり出し挽回した。スタート時と同じ13アンダー単独2位で終了した。

上位陣が伸び悩む中、大きくスコアを伸ばしてきたのは、4アンダー22位からスタートしたJ.ベアード。6バーディ、ノーボギーのラウンドベストスコアをマークした。昨年はバイコムツアーで活躍し、今シーズンからレギュラーツアーに参戦しているベアードが、自己最高の3位に入った。

同じく3位には11アンダー単独3位からスタートしたC.キャンベル。初日、3日目には12アンダーを出したキャンベルは、2日目がイーブンパー、そして最終日が1オーバーという波のあるラウンドになった。

また、今週は日本から田中秀道横尾要が出場していたが、残念ながら2人とも予選で姿を消している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 グレーター グリーンズボロ クライスラークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。