ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:01/31〜02/03 ペブルビーチゴルフリンクス他(カリフォルニア州)

2001年Qスクールにトップ通過のP.ペレスが首位

2002/02/02 09:00


AT&Tペブルビーチ ナショナル プロアマの2日目は、気温も上がり穏やかなゴルフ日よりとなった。この大会はペブルビーチをはじめ3コースで予選ラウンドが行われ、最終日がプロのみの決勝ラウンドとなる。

この日最もスコアを伸ばしたのはペブルビーチをラウンドしたP.ペレスだった。10番ホールからスタートしたペレスは、11番を叩いたが13、18番でバーディ。そして、比較的スコアを伸ばしやすいアウトコースに入ると、6バーディを奪った。昨年末に行われたQスクールを首位で通過したペレスが、2位に4ストロークのリードを奪い単独首位に立った。

2位にはベテランのL.ジャンセンが5ストローク伸ばし健闘している。スパイグラスヒルをラウンドしたジャンセンは5バーディ、ノーボギーと堅実なゴルフを見せた。3位にJ.スミス、4位にF.カプルスと、それぞれ1打差で追う展開だ。

一昨年のチャンピオンで今シーズン1勝目を狙うT.ウッズは、なかなかエンジンがかからない。初日は2アンダーとウッズにしてはモノ足りないスコアだったが、2日目はスコアを落とすことになった。3バーディ、4ボギー、予選2日間で6つのボギーを叩いている。通算1アンダー48位タイまで後退した。

この試合がツアー2戦目となる田中秀道はペブルビーチをラウンドした。初日1オーバーと出遅れてしまったが、この日1つ伸ばしイーブンパーの58位まで挽回した。10番からスタートし、前半はすべてパー。後半2バーディ、1ボギーという内容だった。2戦連続の予選通過はもちろん、残り2日で少しでも順位を上げてもらいたい。

ディフェンディングチャンピオンのD.ラブIIIは、初日からパットが決まらず苦しい展開が続いた。バーディを4つ奪ったのだが、3ボギーにダブルボギーが2つ。トータル6オーバー140位と予選通過は絶望的となった。

関連リンク

2002年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~