ニュース

米国男子WGC NECインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 WGC NECインビテーショナル
期間:08/21〜08/24 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

9アンダーでD.クラークがトップ。T.ウッズは4位タイに浮上!

2003/08/24 09:00


オハイオ州のファイヤーストーンカントリークラブで開催中のWGC(世界ゴルフ選手権)のNECインビテーショナル3日目。5位タイでスタートしたアイルランドのD.クラークがスコアを伸ばしトップに立った。

5アンダーでスタートしたD.クラークはフロント9で「33」。2つスコアを伸ばして折り返した。10番でボギーをたたいたが11番、13番でバーディ。667ヤードの16番パー5ではティショットをミス。4打目でなんとかグリーンエッジにもってきた。パーセービングアプローチとなってしまった5打目は、フェアウェイウッドでパターのようにラインを出していき見事にカップイン。このパーセーブで流れを作り、続く17番のミドルホールでは2打目をピンそばにピタリとつけバーディ。3日目は4アンダーでラウンドし、トータル9アンダーで単独トップに立った。

<< 下に続く >>

1打差の2位には「65」の5アンダーでラウンドしたJ.ケイが8アンダーで9位タイから浮上。また、トップでスタートしたC.ライリーがスコアを伸ばせなかったものの、7アンダーの3位につけている。

注目のT.ウッズは出だしの1番、3番、5番でバーディを奪う好スタート。しかし6番、8番、9番とボギーをたたいてしまい振り出しに戻ってしまった。今日もスコアを伸ばせないのではと思われたが、バック9ではタイガーらしいピンそばに落としていくショットを披露。12番、14番、16番でバーディを奪いトータル6アンダー。首位に3打差の4位タイと優勝圏内に浮上してきた。

T.ウッズと同じ6アンダーには、今季すでに4勝を挙げ賞金ランキングのトップに立っているD.ラブIIIがつけている。また、5アンダーにはR.グーセンなど強豪がひしめきあっており、明日の優勝争いは混沌としてきている。

日本の伊沢利光は3日目2アンダーでラウンド。トータル1アンダーとし、34位タイから21位タイに浮上。「アイアンの切れは悪くない」と語っているだけに明日の展開しだいでは上位進出が期待できそうだ。なお、横尾要は4オーバーの46位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 WGC NECインビテーショナル




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!