ニュース

米国男子グレーターハートフォードオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 グレーターハートフォードオープン
期間:07/24〜07/27 TPC at リバーハイランズ(コネチカット州)

ジェイク逃げ切り!! 8年ぶりの7勝目をゲット!

2003年米国男子ツアー第29戦『グレーターハートフォードオープン』が、コネチカット州グランドブランクにあるTPC at リバーハイランズで開催された。先週50歳のクレイグ・スタドラーがシニアツアーの優勝に続き、レギュラーツアーでも優勝を飾った。その影響を受けたのかピーター・ジェイコブセンとジェイ・ハース、49歳の2人が初日から首位に立ち大会を盛り上げた。

そして、ジェイコブセンは3日目まで首位をキープすると、最終日も安定したゴルフを続け通算14アンダーで逃げ切った。最終日はマイペースでスコアを伸ばすジェイコブセンに対し、追い上げる立場の選手がスコアを伸ばしきれず、2位以下の顔ぶれが大きく入れ替わった。

ここ数年のジェイコブセンは、試合に出場するが予選落ちが続く状態だった。しかし、やはりスタドラーの活躍が刺激になったのだろう、全盛期のようなキレを見せていた。来週以降もベテラン勢が相次いで活躍しだすかも知れない。

さて、今週の最大の注目は、やはりスージー・ウェイリーの登場だった。アニカ・ソレンスタムよりも早く男子ツアーに出場することが決まり、多くのメディアから注目されつづけたウェイリーが、ついに男子ツアーにチャンレンジする日が来たのだ。結果は残念ながら予選落ちに終わったが、アニカと同じように詰め掛けたギャラリーの声援に笑顔で応えながらラウンドをしていた。

今週の日本勢は、3日目を終えて貞方章男が19位につけていたが、最終日に7ストローク落とし、田中秀道と並び2オーバー58位。久保谷健一横尾要は予選をとおることが出来なかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 グレーターハートフォードオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。