ニュース

米国男子ビュイッククラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ビュイッククラシック
期間:06/19〜06/22 場所:ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

丸山、タイガー1つ落とし、最終日の長丁場に挑む!

ニューヨーク州ハリソンのウェストチェスターCCで開催されている、米国男子ツアー第24戦『ビュイッククラシック』の3日目。降りしきる雨のため、コースコンディションは最悪の状態となった。最終組が6番ホールを終了した時点で中断。天候の回復が見込まれず、そのままサスペンデッドになった。

10アンダー首位でスタートしたブライニー・ベアードは、5番パー5でバーディを奪い11アンダーまで伸ばした。2打差の単独2位にはスキップ・ケンドール、3打差にトム・ギリスとジョイ・シンデラーが続く。

<< 下に続く >>

単独2位でスタートしたレティーフ・グーセンは、2番ボギーのあと3番ではダブルボギーを叩き7アンダー7位まで後退してしまった。グーセンと入れ替わるように上位に食い込んできたのがフレッド・カプルスだ。5アンダー11からスタートしたカプルスは、8番ホールまでに2つのバーディを奪い、7アンダー5位に浮上している。

グーセンのいる7位グループには、3アンダー23位からスタートしたセルヒオ・ガルシアアーニー・エルスの2人が、3ストローク伸ばしてきた。ガルシアやグーセンはしばらく優勝から遠ざかっているだけに、明日の追い上げを期待したい。

また、注目の組み合わせとなったタイガー・ウッズ丸山茂樹だが、揃って1つスコアを落とし5アンダー15位に後退。3番ホールで丸山が先にボギーを叩くと、4番ホールでは互いに足を引っ張るようにボギー。この日のサスペンデッドは2人にとっては仕切り直しになる良いキッカケになればよいのだが。

決勝ラウンドに残った72名全員がホールアウトできていない状態で、残りのホールは明日行われることになった。最終組でラウンドしている選手は、明日1日で30ホール消化することになった。首位をキープしているベアードにとっては精神的にも長い1日になりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ビュイッククラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!