ニュース

米国男子HPクラシック of ニューオリンズの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 HPクラシック of ニューオリンズ
期間:05/01〜05/04 場所:イングリッシュターンG&CC(ルイジアナ州)

貞方章男がバーディラッシュに巻き込まれ4位をキープ!!

ルイジアナ州ニューオリンズのイングリッシュターンゴルフ&CCで開催されている、米国男子ツアー第17戦「HP クラシックofニューオリンズ」2日目。初日8アンダー首位につけた貞方章男が、この日もスコアを伸ばした。

インコース10番ホールからスタートした貞方は、11番パー5から3連続バーディを奪った。初日にダブルボギーを叩いてしまった16番を切り抜けだが、この日はボギーが3つ出てしまった。それでも7つのバーディを重ね通算12アンダー、4位タイで踏ん張っている。

<< 下に続く >>

首位に立ったのは、この日だけで9ストローク伸ばしたスコット・バープランク。7アンダー3位グループからスタートしたバープランクは、9バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフで16アンダーの単独首位に浮上した。 2日間で16アンダーという驚異的なスコアをたたき出している。

そのバープランクを3打差で追うのは、ブライアン・ゲイとトッドバランジャーの2人。さらに1打差の12アンダーにいるのが貞方だ。4位グループは5人。その中には現在絶好調のデービス・ラブIIIも入っている。現在賞金ランキング首位のラブが、ライバルたちとの差を広げようとしている。

貞方以外の日本勢だが、田中秀道が3ストローク伸ばし通算5アンダー57位で決勝ラウンドに進出。しかし、横尾要久保谷健一はスコアを伸ばせず予選落ち。特に初日4アンダー29位の好スタートをきった久保谷だったが、この日はまるで別人のようだった。

初日4バーディ、ノーボギーの赤文字しかなかった久保谷だが、この日がボギーが5つ。通算1オーバーで予選落ちという事態にまで至ってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 HPクラシック of ニューオリンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!