ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 マスターズ
期間:04/05〜04/08 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

ウェストウッドが初メジャー制覇へ首位発進!松山も好位置

◇米国男子◇マスターズ 初日◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7,435ヤード(パー72)

今季の4大メジャー初戦「マスターズ」が開幕した。曇り空の下でスタートした初日、4連続バーディを奪うなど、この日「67」で回ったイングランドのリー・ウェストウッドが通算5アンダーとして、自身初のメジャータイトル獲得へ向け好スタートを切っている。

通算4アンダー、1打差の2位に続くのは2010年の全英オープンチャンピオン、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)とピーター・ハンソン(スウェーデン)の2人。通算3アンダーの4位タイには、バッバ・ワトソンM.A.ヒメネス(スペイン)ら6名がつけている。

また、昨年日本人選手として初のローアマチュアに輝いた松山英樹は今年も好スタート。3バーディ2ボギーの「71」で回って通算1アンダー、14位タイ。2週間前に復活優勝を果たしたタイガー・ウッズは3バーディ3ボギーと出入りの激しいゴルフでイーブンパーの29位タイ。一方で、4年連続出場の石川遼は4オーバー73位タイと苦しい立ち上がりとなってしまった。

<無冠克服なるか?ウェストウッド、2年前のリベンジへ>
現在の世界ランクは3位、世界中で36勝を挙げているウェストウッドだが、いまだにメジャー優勝だけには手が届いていない。今大会では2年前の2010年に、最終日を1打リードしてスタート。しかし、フィル・ミケルソンに逆転されて2位に終わった。「それが一番目指していること」。メジャー大会での優勝は、ウェストウッドにとって喉から手がでるほど欲しいタイトルだ。

この日のウェストウッドは安定したショットでフェアウェイキープを重ね、18ホール中16ホールでパーオンに成功。序盤は軟らかく重いグリーンに戸惑ったというものの、7バーディ2ボギーとミスも最小限に抑え、オーガスタでの自己ベストに並ぶ「67」。「だめなところはなかった」と満足げに振り返った。

(優勝に向けて)まだ先は長いが?と問われたウェストウッドは、「当然さ。フィールドには世界トップクラスのプレーヤーがいるし、メジャーは勝つのが難しいんだ」とにやり。誰よりもそのことを知っているだけに、僅か1打のリードに浮かれる様子は微塵もなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。