ニュース

米国男子シェル・ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

昨年覇者P.ミケルソンが暫定4位! 今田は予選落ち濃厚

◇米国男子◇シェル・ヒューストンオープン2日目◇レッドストーンGC(テキサス州)◇7,457ヤード(パー72)

雷雨によるサスペンデッドとなった初日第1ラウンドの未消化ホールと合わせて行われた2日目は、再び日没サスペンデッドにより競技中断。第2ラウンドの未消化ホールは現地時間、土曜日の7時30分より再開される。

その2日目、ブライアン・デービス(イングランド)とルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)の2選手が、通算11アンダーで暫定首位タイに並びホールアウトしている。2選手ともに第2ラウンドをノーボギーに抑え、バーディを量産するとトップに浮上した。

通算10アンダーの暫定単独3位には、8ホールを残したジェフ・マガート。首位と2打差の暫定4位タイには、昨年覇者のフィル・ミケルソンら5選手が続いている。この日、第1ラウンドの未消化分と合わせて33ホールをプレーしたミケルソンは、第1ラウンドを「65」、第2ラウンドでも「70」をマーク。通算9アンダーとし、連覇に向けて上位争いに名乗りを挙げている。

次週開催の「マスターズ」出場に向けて優勝を狙うアーニー・エルス(南アフリカ)は、初日を「70」、2日目を「69」でまわり、通算5アンダーで暫定28位タイに順位を上げている。今田竜二は2バーディ、1ボギー、2ダブルボギーの通算2オーバー、暫定121位タイでホールアウト。出場3試合連続の予選落ちが濃厚となっている。

関連リンク

2012年 シェル・ヒューストンオープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~