ニュース

米国男子WGC キャデラック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 WGC キャデラック選手権
期間:03/08〜03/11 TPCブルーモンスターatドラール(フロリダ州)

王者マキロイは37位のスロースタート、A.スコット、J.ダフナーが首位タイ!

◇世界ゴルフ選手権◇WGCキャデラック選手権 初日◇TPCブルーモンスターatドラール(フロリダ州)◇7334ヤード(パー72)

先週の米国男子ツアー「ザ・ホンダクラシック」を制し、史上2番目の年少記録で世界ランク首位に立ったロリー・マキロイ(北アイルランド)の初の防衛戦となる今大会。そのマキロイは3バーディ、4ボギーの1オーバー、37位タイとスロースタートを切った。「今日は正直、精彩を欠くプレーだったが、それでも良いスコアで回れたと思っている。明日に集中し、この位置(世界ランク首位)をキープできるように努めたい」と明日以降、巻き返しを図る。

首位タイには、6アンダーでアダム・スコット(オーストラリア)とジェイソン・ダフナー。スコットは前半のインで4バーディを奪うと、折り返し直後の10番パー5でイーグル奪取。前半から中盤にかけてチャージをかけ、首位に躍り出る絶好のスタートを切った。一方ダフナーも好調なアイアンショットとパットが噛み合い、7バーディ、1ボギーと終始安定したプレー内容で首位に並び立っている。

4アンダーの3位タイには、トーマス・ビヨーン(デンマーク)と、チャール・シュワルツェル(南アフリカ)。3アンダーの5位タイにはアルバロ・キロスミゲル・アンヘル・ヒメネス(ともにスペイン)、キーガン・ブラッドリーアーロン・バデリー(オーストラリア)、スティーブ・ストリッカーほか、8選手が続いている。

そのほか、世界ランクトップ奪還を狙うルーク・ドナルド(イングランド)は2アンダーの13位タイ。前週の「ホンダ-」最終日に猛チャージを見せ、2位に滑り込んだタイガー・ウッズが、復活優勝をかけてイーブンパーの25位タイからスタートを切っている。日本勢では、高山忠洋が3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい内容となり、2オーバーの44位タイ。平塚哲二は6オーバーの71位タイと大きく出遅れた。

2012年 WGC キャデラック選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~