ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ザ・バークレイズ
期間:08/27〜08/30 リバティーナショナルGC(ニュージャージー州)

タイガーは追い上げ実らず2位タイ、優勝はH.スローカムの手に!

ニュージャージー州にあるリバティーナショナルGCで開催されている、米国男子ツアー第35戦「ザ・バークレイズ」の最終日。ヒース・スローカムが通算9アンダーで逆転優勝を飾っている。

首位から5打差の7位タイで最終日を迎えたタイガー。序盤はバーディを奪えないまま4番でボギーと、苦しい立ち上がりとなったが、直後の5番でバーディを奪い返すと、7番、8番と連続バーディをマークして後半へ。上位陣が軒並みスコアを落したこともあり、この時点で優勝を争うポジションにつけたタイガー。ここから逆転劇を演出するとも思われたが、その後は2つスコアを伸ばすに止まり、通算8アンダー。優勝を逃す結果となってしまった。

同じ2位タイにはスティーブ・ストリッカーと、7位タイからスタートしたパドレイグ・ハリントン(アイルランド)、「66」をマークしたアーニー・エルス(南アフリカ)が並んで大会を終えている。

そして、「FedEx Cup」プレーオフ第1戦目を制したのはスローカム。立ち上がり早々の2番でバーディを決めると、5番でイーグル、続く6番でバーディと一気にスコアを伸ばしたが、直後の7番でボギー。首位を争う緊迫した状況で迎えた後半であったが、それでも崩れることなく1つスコアを伸ばし、通算9アンダー。強豪勢の追い上げをかわし、価値ある1勝を手に入れた。

2位に2打差をつけ、首位で最終日を迎えたポール・ゴイドスは1バーディ、3ボギー、1ダブルボギー。スティーブ・マリノは、2バーディ、5ボギー、1トリプルボギーと、いずれも大乱調で、優勝争いから大きく脱落。それぞれ、9位タイ、15位タイでフィニッシュしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ザ・バークレイズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。