ニュース

米国男子チルドレンズ ミラクル ネットワーク クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

L.ドナルドが逆転優勝!前人未踏のW賞金王の快挙に挑む

◇米国男子◇チルドレンズ ミラクル ネットワーク クラシック最終日◇マグノリアGC(フロリダ州)7,516ヤード(パー72)

賞金ランク首位のウェブ・シンプソンに約36万ドルのビハインドで逆転を狙うルーク・ドナルド(イングランド)。今大会2位以上でフィニッシュしなければその可能性が潰えるところまで追い込まれたドナルドは、最終日に怒濤のバーディラッシュを繰り広げ、その奇跡を手繰り寄せた。

首位と5打差の14位タイからスタートしたドナルドは、スタートから連続バーディの好発進。5番、セカンドショットがグリーンを捕らえることができず2パットのボギーとするも、6番、7番の連続バーディで取り返した。8番で再びボギーを叩いて前半を折り返すが、ドナルドの猛攻はここからスタートする。10番(パー5)はアプローチを50cmにつけてバーディ。続いて2.5m、1.5m、6m・・・と次々に沈め、圧巻の6連続バーディで、みるみるうちに上位陣を退け首位に浮上。2位に2打差をつけ逆転優勝を飾り、同時にシンプソンを逆転し米国男子ツアー賞金王が決定した。

ドナルドは、欧州男子ツアーでの賞金ランキングでも現在首位。12月第2週の最終戦まで試合は続くが、2位のロリー・マキロイに130万ユーロの差をつけているため逃げ切る可能性は高い。米国、欧州のWタイトル獲得は前人未踏の快挙となる。

通算15アンダーの単独2位にはジャスティン・レナード、通算14アンダーの3位タイには、トム・パーニスJr.カン・スンフン(韓国)、ケビン・チャッペルの3選手が並んだ。最終戦で賞金ランク首位の座を奪われることになってしまったシンプソンは通算13アンダーの6位タイ、今田竜二は通算8アンダーの28位タイでフィニッシュしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 チルドレンズ ミラクル ネットワーク クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。