ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ウィンダム選手権
期間:08/18〜08/21 場所:セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

T.ゲイニーが抜け出す!2位以下は混戦

ノースカロライナ州にあるセッジフィールドCCで行われている米国PGAツアー第37戦「ウィンダム選手権」の2日目、首位タイからスタートしたトミー・ゲイニーが、この日も「65」とスコアを伸ばして通算12アンダーとし、単独首位に立っている。

2位に3打差をつけたゲイニーだが、その表情にトーナメントリーダーの誇らしさはない。「今日はひどいショットだった。ティショットも悪かったし、アイアンも悪かった」。パーオンしたのは、18回中11回。前日よりもフェアウェイキープ率は上がったが、逆にパーオン数は4度少なかった。

<< 下に続く >>

4週間前の「RBCカナディアンオープン」で左手首を痛めたというゲイニー。「長くはないが“厚い”」というラフからのショットが、徐々に手首への負担となっているようだ。

そのゲイニーを追いかける2位以下は、混戦模様。通算9アンダーでウェブ・シンプソンスチュアート・アップルビー(オーストラリア)、ダニエル・サマーヘイズアーニー・エルス(南アフリカ)の4人が続き、さらに1打差にジム・フューリックポール・ケーシー(イングランド)、レティーフ・グーセン(南アフリカ)ら強豪がひしめく。

また、日本ツアーの賞金王、キム・キョンテ(韓国)は通算4アンダーの44位タイ、今田竜二は通算2アンダーでカットラインに1打及ばず予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ウィンダム選手権




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!