ニュース

米国男子グリーンブライアークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 グリーンブライアークラシック
期間:07/28〜07/31 場所:ジ・オールドホワイトコース(ウェストヴァージニア州)

A.キムが首位に浮上しツアー4勝目に王手! 今田は28位タイに浮上

ウェストバージニア州のサルファースプリングス・ジ・オールドホワイトコースで開催されている、米国男子ツアー第33戦「グリーンブライヤークラシック」の3日目。通算2アンダー22位タイからスタートしたアンソニー・キムが、8バーディ、ノーボギーのラウンドで「62」をマーク。通算10アンダーまで伸ばして単独首位に浮上した。

キムは、昨年の4月にツアー3勝目を果たして以降、左手親指のケガの影響もあり4試合連続で予選落ちになるなど調子を崩していた。今季も9試合で予選通過を果たすが、同じく8試合で予選落ち。2週前に開催された「全英オープン」で5位タイに食い込んだが、先週は大会3日目に失格になっている。3日目の勢いを最終日に繋げたいところだ。

<< 下に続く >>

首位と1打差の通算9アンダー単独2位はスコット・スターリングス。通算8アンダー3位タイにゲーリー・ウッドランドと、首位タイでスタートしたウェブ・シンプソンの2人。そして、通算7アンダー4位タイにキムと同じく「62」を出したジミー・ウォーカービル・ハース、クリス・カウチの3人が並んでいる。

3試合ぶりの予選通過を果たし38位タイでスタートした日本の今田竜二は、17番パー5で2オンに成功すると、4mのイーグルパットを決めた。この日は3バーディ、3ボギーと、このイーグルがあったため、スコアを2つ伸ばして通算3アンダーの28位タイに浮上している。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 グリーンブライアークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!