ニュース

米国男子RBCカナディアンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 RBCカナディアンオープン
期間:07/21〜07/24 セントジョーズG&CC(カナダ)

S.オヘアーがプレーオフを制して、今季初勝利!

カナダのセントジョーズG&CCで行われている米国男子ツアー第31戦「RBCカナディアンオープン」の最終日。ショーン・オヘアーが、プレーオフでクリス・ブランクスを下し、2009年の「クエイルホロー選手権」以来2年ぶりの優勝を飾った。

首位と3打差の5位タイからスタートしたオヘアーは、4バーディ、2ボギーと2つスコアを伸ばして首位に浮上。一方、首位とは2打差の3位タイからスタートしたブランクスは、4バーディ、3ボギーの1ストローク伸ばすにとどまるも、オヘアーと並んで勝負はプレーオフへと持ち越された。

18番パー4で行われたプレーオフ1ホール目、両者のティショットは、左ラフへ。オヘアーはセカンドショットをグリーン手前のフェアウェイに運ぶが、ブランクスはグリーンサイドバンカーへ入れてしまう。ブランクスのバンカーショットは、グリーン奥へとオーバーし4オン。オヘアーは3オン2パットのボギーとするも、ブランクスが1.5mのボギーパットを外して万事休す。オヘアーが今季初勝利を手にした。

通算3アンダーの単独3位には、アンドレス・ロメロ(アルゼンチン)、通算2アンダーの4位タイにはジェフ・オギルビー(オーストラリア)、アダム・ハドウィン(カナダ)の2選手が並んだ。

欧州勢のチャール・シュワルツェル(南アフリカ)は、この日1ストローク伸ばして通算イーブンパーの9位タイでフィニッシュ。世界ランクトップのルーク・ドナルド(イングランド)は3ストローク伸ばして通算2オーバーの17位タイ、22歳のリッキー・ファウラーは通算3オーバーの22位タイで終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 RBCカナディアンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。