ニュース

米国男子フェデックス セントジュード クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

今田は3位タイフィニッシュ!H.フレイザーがツアー初勝利

テネシー州にあるTPCサウスウィンドで開催されている、米国男子ツアー第25戦「フェデックス セントジュード クラシック」の最終日。通算13アンダーでハリソン・フレイザーロバート・カールソン(スウェーデン)とのプレーオフを制し、米国ツアー初勝利を飾っている。

17番でカールソンがボギーを叩き、1打リードの単独首位で最終ホールを迎えたフレイザーは、2打目をグリーン手前の池に入れてしまうトラブルで1ペナルティとし、逃げ切りならずにプレーオフへ突入。1ホール目、フレイザーが2オンに成功、2パットでパーセーブしたのに対し、カールソンは、2打目をグリーン右サイドに外して3オン2パットのボギーで決着となった。

12位タイからスタートした今田竜二は、この日トータル5バーディ、1ボギーでスコアを伸ばし、3位タイフィニッシュしている。セカンドショットをピンに絡めて難なくバーディを奪い、キレのあるショットとともに、約10mのロングパットを沈めるなど、シーズン序盤に苦しめられたパットの感触にも復調が見られた。前々週に開催された「HP バイロンネルソン選手権」に続くトップ10フィニッシュとなっている。

同じく通算8アンダーの3位タイには、この日6つスコアを伸ばしたカミロ・ビジュガス(コロンビア)、ティム・ヘロンチャールズ・ハウエルIIIレティーフ・グーセン(南アフリカ)ら5選手が並んでいる。また世界ランク2位のリー・ウェストウッド(イングランド)は、通算6アンダーの11位タイで大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 フェデックス セントジュード クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。