ニュース

米国男子ボブホープクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ボブホープクラシック
期間:01/19〜01/23 場所:PGAウェスト(パーマープライベート他)(カリフォルニア州)

ルーキーのJ.ベガスが初勝利!今田は33位タイフィニッシュ

カリフォルニア州のPGAウェスト(パーマーコース)で開催された米国PGAツアー第3戦「ボブホープ・クラシック」最終日、ジョナサン・ベガス(ベネズエラ)がビル・ハースゲーリー・ウッドランドとの三つ巴のプレーオフを制し、初優勝を飾った。

第4ラウンドを終えて通算25アンダー、首位タイで出たベガスとウッドランドはともに「69」でまわり通算27アンダー。さらにこの日「66」をマークし、4位タイから浮上した昨年王者のハースを加え、3選手によるプレーオフに突入した。

<< 下に続く >>

1ホール目の18番(パー5)でベガスとウッドランドはバーディとしたが、パーのハースがまず脱落。2ホール目の10番(パー4)で、ベガスはティショットを左の池に入れてしまうが、第3打をピンそば4メートルにつけてなんとかパーセーブ。ウッドランドはティショットをフェアウェイに置きながらも、第2打をグリーン右のバンカーへ。バンカーからの第3打がピンを大きく超えてしまいパーを奪えず、ベガスが5日間にわたる長い戦いを制した。

190センチ、100キロの恵まれた体格を持つベガスは昨年ネイションワイドツアーで7位となり今季から米国PGAツアーに昇格。期待のルーキーは今季2試合目、自身5試合目でのスピード優勝となった。

日本人で唯一出場の今田竜二は通算17アンダーの16位タイでスタートしたが、1バーディ、1ボギーの「72」とスコアを伸ばせず通算17アンダー、33位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ボブホープクラシック




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!