ニュース

米国男子ボブホープクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ボブホープクラシック
期間:01/19〜01/23 場所:PGAウェスト(パーマープライベート他)(カリフォルニア州)

今田は16位タイで決勝ラウンドへ! G.ウッドランド、J.ベガスが首位をキープ

カリフォルニア州のPGAウェスト(パーマーコース)他3コースで開催されている米国PGAツアー第3戦「ボブホープ・クラシック」の4日目。ゲーリー・ウッドランドジョナサン・ベガス(ベネズエラ)が、それぞれ6つスコアを伸ばして、通算24アンダー、首位タイに並んでいる。

ルーキーのベガスと、09年プロデビューのウッドランド。26歳の若手2人が、4日目もバーディ合戦が繰り広げた。ウッドランドは、インの前半に4バーディ、後半も6番でイーグルを奪うなど勢いを最後までキープ。一方のベガスは、インの前半こそ1ストローク伸ばすにとどまったものの、後半5番から5連続バーディフィニッシュという派手な締め括りを見せた。ツアー初勝利を巡る最終日の直接対決に、大きな注目を集まりそうだ。

<< 下に続く >>

首位を2打差で追うのは、マーティン・レアード(スコットランド)。通算16アンダーの単独4位からスタートしたレアードは、8バーディ2ボギーで6つスコアを伸ばして単独3位につけている。4位タイにはビル・ハースが11バーディ、1ボギーで「62」のビッグスコアをマークし31位タイから急浮上。ほか、クリス・カークら3人が並んでいる。

また、31位タイからスタートした唯一の出場日本人選手、今田竜二はスタートホールをバーディ発進とすると、その後も5つのバーディを奪って、6アンダーの「66」でラウンド。通算17アンダーの16位タイまで順位を上げ、最終日に行われる決勝ラウンド進出を決めた。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ボブホープクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!