ニュース

米国男子WGC アメリカンエキスプレス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 WGC アメリカンエキスプレス選手権
期間:09/30〜10/03 マウントジュリエットエステート(アイルランド)

エルスがビヨーンを振り切り優勝!ワールドランキング2位に!

アイルランドにあるマウントジュリエットエステートキルケニーで開催されている、WGC(世界ゴルフ選手権)「WGC アメリカンエキスプレス選手権」の最終日。天候はあいにくの雨。首位を走るアーニー・エルス(南アフリカ)に、トーマス・ビヨーン(デンマーク)がピッタリマーク。最後まで両者互角な戦いが続いた。

エルスは、出だしの1、3番でバーディを奪い幸先の良いスタートを切ると、首位を2打差で追うビヨーンは、1、3、5番とリズム良くバーディを奪いエルスに1打差まで詰め寄る。後半エルスが10番パー5でバーディを奪えば、12番でビヨーンがバーディを奪い必死で食らいつく。

勝負の分かれ目は終盤の17番パー5、ビヨーンは2オンに成功するも、ファーストパットを大きくオーバーさせてしまう。返しのパットも決めることができず3パットのパー。これに対しエルスは3打目をきっちりと寄せてバーディを奪いリードを2打差に広げた。エルスは最終18番をボギーとするも、通算18アンダーで1打差で辛くも逃げ切った。この優勝でエルスはタイガー・ウッズ(米国)を抜きワールドランキング2位に浮上した。

一方、左肩痛と戦いながらのプレーが続いたタイガーは、前半で1つ、後半で1つスコアを伸ばし最終日を4バーディ2ボギーでのラウンド。通算10アンダーの9位で大会3連覇の夢は断たれた。

そのほか日本勢では、丸山茂樹は前半スコアを伸ばせず我慢のゴルフを強いられたが、後半2つスコアを伸ばして5アンダーの16位タイでフィニッシュ。4日間安定したショットを放っていたが、パットが今一つで大会中パターを替えていた。また片山晋呉は、この日3つスコアを落として通算18オーバーの67位で競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 WGC アメリカンエキスプレス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。