ニュース

米国男子WGC アメリカンエキスプレス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 WGC アメリカンエキスプレス選手権
期間:09/30〜10/03 場所:マウントジュリエットエステート(アイルランド)

いつまで続く、タイガーの「勝ち星離れ」

WGC アメリカンエキスプレス選手権 最終日

2003年の「WGC アメリカンエキスプレス選手権」以来、米国男子ツアーのストロークプレーで優勝がないタイガー・ウッズ。これで19試合続けてストロークプレー優勝なしという、「勝ち星離れ」が続いている。

過去にタイガーの「勝ち星離れ」があったのは1997年7月6日の「ウェスタンオープン」から1998年5月10日の「ベルサウス・クラシック」までの16試合とそのベルサウス後から1999年2月14日の「ビュイック・インビテーショナル」までの13試合。フレッド・ファンクが今週6年ぶりの優勝をして称えられている一方でタイガーは19試合も勝ち星がないと叩かれてしまう。そのタイガーに今回と1997年から1998年の勝ち星離れ、どちらが辛いか試合後のインタビューで聞いた。

<< 下に続く >>

タイガー・ウッズ
「1997年から1998年の勝てなかった日々の方が辛かった。あの頃は本当にプレーの内容も悪かったからね。安定したプレーができていたかもしれないけど、優勝争いに無縁だった。今季は勝ててはいないけど、優勝争いに参加できている。1997年の終わりから1998年、そして1999年は優勝争いに一切絡めていない。最終日とかに良いスコアを出して辛うじてトップ10に入ったりしていただけ。あの日々の方がずっとフラストレーションを感じていたよ」

タイガー、10月5日に挙式!

悪天候のため、最終日の試合開始時間が大幅に繰り上げられたWGC「アメリカンエキスプレス選手権」。なんとか天気がもつ間に試合を終了させたいと願う大会運営側と選手たち。特にタイガー・ウッズは月曜日にまで順延となることだけは避けたかったようだ。

それもそのはず、タイガーとエリンさんのバルバドスでの挙式の日程が10月5日であることがついに明らかになった。試合が月曜日にまでずれ込んでいたら、かなりハードスケジュールなバルバドス行きになるところだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 WGC アメリカンエキスプレス選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!