ニュース

米国男子ビュイック選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ビュイック選手権
期間:08/26〜08/29 場所:TPC at リバーハイランズ(コネチカット州)

ファンク、ジョンソンが首位を並走 田中、宮瀬が予選通過

コネチカット州クロムウェルにあるTPC at リバーハイランズで行われている、米国男子ツアー第34戦「ビュイック選手権」の2日目。初日スコア「62」をマークしたベテランのコーリー・ペイビンがスコアを崩す中、代わって通算8アンダーの首位に立ったのは、フレッド・ファンクと、今季1勝を挙げているルーキーのザック・ジョンソンのショット精度が高い2人だった。

“ミスターフェアウェイ”の異名をもつファンクは、フェアウェイキープ率86%、パーオン率94%と高いショット精度でバーディチャンスを作り、5バーディ1ボギーでのラウンド。ベテラン48歳のファンクが、1998年「デポジットギャランティゴルフクラシック」以来の優勝を狙う。

<< 下に続く >>

また、28歳のジョンソンはフェアウェイキープ率100%と完璧なティショットを披露。この日5つ伸ばして首位に浮上した。4月に行われた「ベルサウスクラシック」に続き、ルーキーイヤーでツアー2勝目となるのか。決勝ラウンドでの新旧対決が楽しみだ。

そして、首位と1打差の3位には、2日間を通して平均飛距離320.5ヤードの飛ばし屋ハンク・キーニー。初日首位だったペイビンは2打差の4位タイに後退している。

一方日本勢では、田中秀道が1つスコアを伸ばして通算3アンダー17位タイの好位置をキープ。宮瀬博文は初日2オーバーと出遅れるも、この日2つスコアを伸ばして通算イーブンに戻し、57位タイで予選通過を果たしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ビュイック選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!