ニュース

米国男子フォード選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 フォード選手権
期間:03/04〜03/07 場所:ドラールゴルフリゾート&スパ(ブルーコース)(フロリダ州)

好スコア続出、クレイグ・パリーが単独首位に

フロリダ州マイアミにあるドラールゴルフリゾート&スパ・ブルーコースで行われている、米国男子ツアー第9戦「フォード選手権」の3日目。ムービングデイといわれるとおり、各選手がスコアを伸ばしはじめ、順位が大きく変動した。

首位でスタートしたレティーフ・グーセンは出入りの激しいゴルフでスコアを伸ばすことができず、最終18番通称“ブルーモンスター”でバーディを奪うも、この日スコアを伸ばしたのは1つだけ。3日目を終えて、通算9アンダーの10位に後退している。

<< 下に続く >>

変わって首位に踊り出たのは、8アンダーの2位からスタートしたクレイグ・パリーだ。6バーディ1ボギーと確実にバーディを積み重ねて通算13アンダーをマーク。2002年「WGC NECインビテーショナル」以来の優勝となるのか。

これを追って1打差の2位タイには、この日のベストスコア“64”をマークしたG.サワーズとスコア“65”をマークしたスコット・バープランクと大きく順位を上げた2人がつけている。

また、2打差の4位グループを形成するのは、スコア“65”をマークし、20位から4位に浮上したデビッド・トムズや、スコアを6つ伸ばした韓国のスター崔京周、世界のレフティフィル・ミケルソンなど実力者たちが好位置をキープし、逆転優勝を狙っている。

そのほか日本期待の丸山茂樹は、2日目に続き、この日もノーボギーでのラウンド。バーディを3つ奪って通算8アンダーまで伸ばした。しかし他の選手がスコアを伸ばしたため、12位から16位に後退。安定したゴルフを続けているだけに、最終日の爆発に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 フォード選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!