ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ベルサウスクラシック
期間:03/31〜04/03 TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

ようやくスタートするも・・・日本勢が好発進!

ジョージア州にあるTPC at シュガーローフで行われる、米国男子ツアー第13戦「ベルサウスクラシック」の3日目。雨天のため2日間続けての順延。ようやくこの日、第1ラウンドが始まったが、みぞれ混じりの雨が降り始め、途中で中断するなど試合進行が大幅に遅れてしまい、約半数の選手がホールアウトできずに日没サスペンデッドとなった。なお、この事態を重く見た大会側は、競技を54ホールに短縮することを決めた。

この日、暫定首位に立ったのはビリー・メイフェア。強豪勢も含め、各選手スコアメイクに苦しむ中、メイフェアは13ホール目を終えて4アンダーまで伸ばしている。

また、日本勢が第1ラウンドから好スタートを見せている。インコースからスタートした今田竜二は、11ホール目までを消化して、3バーディノーボギーの暫定2位タイ。谷原秀人も同じくインコースからスタートし、18番パー5でイーグルを奪取するなど、2アンダーの暫定7位タイ。先週の大会で首痛のため棄権し、体調が心配された田中秀道だったが、出入りの激しいゴルフながらも16番までを消化し、1アンダーの暫定13位タイにつけた。だが、次週「マスターズ」に出場予定の片山晋呉は、大きくスコアを崩してしまい、6オーバーの暫定127位タイで第1ラウンドを終えている。

一方、注目のレティーフ・グーセンは、イーブンパー暫定22位タイのまずまずのスタート。しかし、昨年のマスターズチャンプであるフィル・ミケルソンは、2オーバー暫定63位タイの出遅れ。昨年の覇者ザック・ジョンソンも、3オーバーの暫定83位タイと低迷している。

そのほか、次週の「マスターズ」に出場する予定のスチュワート・アップルビー、クリス・ディマルコルーク・ドナルドイアン・ウーズナムは棄権をしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ベルサウスクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。