ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/11〜02/14 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

石川遼、今田竜二は予選突破ならず!

カリフォルニア州にあるペブルビーチGL、モントレーペニンシュラSC、スパイグラスヒルGCの3コースを舞台に開催されている、米国PGAツアー第6戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」の3日目。今週を通じて初めて快晴に恵まれ、風は比較的吹いたものの上位は大きくスコアを伸ばす展開となった。

通算18アンダーで首位に並んでいるのは、ペブルビーチで「64」をマークして急浮上したポール・ゴイドスと、スパイグラスヒルをプレーして同じく「64」を叩き出したダスティン・ジョンソン。ショットに切れを見せるジョンソンは、フェアウェイキープ率、パーオン率ともに90パーセント近い数字。いずれも難度の高い3コースで安定したプレーを続け、大会連覇に向けて絶好の位置で最終日を迎える。

<< 下に続く >>

通算14アンダーの3位タイには、マット・ジョーンズJ.B.ホームズブライス・モルダーの3人。以下、デビッド・デュバルが通算12アンダーの7位タイ、フィル・ミケルソンが通算10アンダーの13位タイで続いている。

通算3アンダーの53位タイからスタートした今田竜二は、上がり5ホールで3つのボギーを叩き、カットラインに3ストローク及ばない通算1アンダーで予選落ち。通算3オーバーの131位タイからスタートした石川遼はパットに苦しむ展開が続き、4バーディ、2ボギーと2ストローク伸ばしたものの、通算1オーバーで予選落ちを喫した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!