ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/11〜02/14 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

上位は大混戦! 石川は131位、今田は53位に後退

カリフォルニア州にあるペブルビーチGL、モントレーペニンシュラSC、スパイグラスヒルGCの3コースを舞台に開催されている、米国PGAツアー第6戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」の2日目。午前中は雲が多かったものの、午後からは強い日差しが降り注ぐ晴天に恵まれた。

例年、スコアの伸ばし合いが演じられている今大会。今年も各コースでバーディ合戦が演じられ、上位は大混戦の様相を呈している。通算10アンダーの首位タイグループには、アレックス・チェイカ(ドイツ)、ポール・ゴイドスJ.B.ホームズ、ディフェンディングチャンピオンのダスティン・ジョンソンら6人。通算9アンダーの単独7位には、復活をかけるデビッド・デュバルが続いている。

<< 下に続く >>

2オーバーの125位タイからスタートした石川遼は、スパイグラスGCをプレー。序盤からドライバーが右に曲がる場面が目立ち、スコアメイクに苦しむ展開が続く。その中でも4つのパー5全てでバーディを奪うなど6バーディを奪ったが、1ダブルボギー、5ボギーと出入りの激しい内容に。最終的に1ストローク落とし、通算3オーバーの131位タイに後退した。ペブルビーチGLをプレーした今田竜二は、1ストローク伸ばしたものの通算3アンダーの53位タイに後退している。

予選ラウンドは明日の3日目まで行われ、プロは上位60位、アマチュアと組むチーム戦では上位25組までが最終日に行われる決勝ラウンドに進出する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!