ニュース

米国男子ジ・インターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 ジ・インターナショナル
期間:08/10〜08/13 場所:キャッスルパインズGC(コロラド州)

P.シーハンが暫定トップ!今田竜二は暫定53位タイ

コロラド州にあるキャッスルパインズGCで行なわれている、米国男子ツアー第32戦「ジ・インターナショナル」の2日目。天候不順によりサスペンデットになる中、通算18ポイントでパトリック・シーハンが暫定トップに立った。

シーハンは、7番から9番にかけて3連続バーディを奪うなど計5つのバーディを奪取。2番、16番ではボギーを叩いたものの、5バーディ、2ボギーでラウンドし、8ポイントを獲得した。

<< 下に続く >>

通算17ポイントの暫定2位には、イアン・レガット(カナダ)が続き、通算16ポイントの暫定3位にセルヒオ・ガルシア(スペイン)が浮上している。

注目選手では、デビッド・ハウエル(イングランド)が、通算14ポイントで暫定4位タイ。アーニー・エルス(南アフリカ)も、通算9ポイントの暫定24位タイとまずまずの位置につけた。ところが、昨年の覇者レティーフ・グーセン(南アフリカ)は、通算6ポイントで暫定53位タイ。フィル・ミケルソンも、通算5ポイントの暫定65位タイに沈んだ。

日本勢では、今田竜二が通算6ポイントの暫定53位タイにつけ、予選通過がほぼ確実に。一方、丸山大輔は通算4ポイントの77位タイ、田中秀道は通算2ポイントの114位タイとポジションを上げられず、予選通過が厳しい状況となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ジ・インターナショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!