ニュース

米国男子ジェネシス招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ジェネシス招待
期間:02/13〜02/16 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

ウッズの原点リビエラ 真ん中バンカーの6番グリーンは“傾斜地獄”

2020/02/13 11:48


リビエラCC 6番パー3 (199yd)

以前、ダスティン・ジョンソンに「世界で一番好きなコースはどこ?」と聞いたことがあります。彼が名前を挙げたのが、今週「ジェネシス招待」が行われるリビエラCC。3年前に優勝して初めて世界ランキング1位となった地でもあり、ひときわ思い入れも深いのでしょう。1926年に設立された米国屈指の名門コース。2028年ロサンゼルス五輪でゴルフ競技が実施されれば、その舞台となる予定でもあります。

トピックは、大会が今年からタイガー・ウッズの招待試合として開催されること。タイガーにとっては、アマチュアだった1992年に16歳でPGAツアーデビューを果たした“原点”です。3年シードをはじめ、キングの名前を冠した「アーノルド・パーマー招待」、ジャック・ニクラスがホストする「ザ・メモリアルトーナメント」に匹敵する格付けとなっています。ツアーのリスペクト、何よりタイガーの偉大さを改めて実感します。

昨年紹介した10番など名物ホールはいくつもあるのですが、今回ピックアップしたのは6番。199ydのパー3はやや打ち上げになっていて、グリーンのセンターにバンカーが待ち構えています。左右の小さなグリーンが、バンカーを挟んでくっついたようなイメージですね。

最大のポイントはグリーンの傾斜。ただでさえリビエラは、12フィートを出してくる高速グリーンです。そしてこの6番では、18ホールで最もきついスロープが選手たちを苦しめます。お椀型の形状で真ん中にボールが集まるようになっていて、横幅10ydのスペースに打てないとパーを取ることも厳しくなります。バンカーを挟んだ反対サイドにミスショットでもしようものなら、どうやってボギーで上がるかを考えなくてはいけません。

前後のティイングエリアを使い、150~200ydと距離の幅を持たせて選手を試してくるのもPGAツアーらしい演出。挑戦状をたたきつけられる選手たちも、直接ピンを狙うタイプがいれば、傾斜を利用するショットを打ったり、球の高低を自在に操って多彩な攻略法を披露してくれます。トッププレーヤーたちの豊かなイマジネーションと技術に注目して下さい!(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2020年 ジェネシス招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!