ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

マスターズで見たタイガーの最新スウィングは?

「週刊ゴルフダイジェスト」特集「マスター達は一軸で飛ばしていた!」(4月30日号)より

個性的に見えるマスターズ出場プロたちのスウィング。しかし、「スタック&チルト」スウィングの伝道師・中村龍明プロは、何人もの“マスター”たちのスウィングが「1軸」という点で共通だという。実際にオーガスタを訪れ、そのスウィングを間近で見たレポートをお届けしよう。

オーガスタに到着した中村プロは、人ごみをかきわけ、お目当てのタイガーを生観察。「やっぱりそうだ」とひとりうなずく……。

「見てください。テークバックで全然右に動いてないでしょ。『スタック&チルト』に代表される、この体重移動しない1軸打法。これはプロだけでなく、アマチュアにも最適な打ち方だというのを、改めて実感しました」

トップで右、ダウンで左、としっかり体重移動するのが理想だと思っていたが?

「体重を左に戻すのと、ヘッドが下りるタイミングが一致すればいいですが、当然曲がるリスクも高くなる。体重を右に乗せず、回転だけで振る打ち方なら、シンプルで再現性が高い。つまりこれ、とってもやさしい打ち方なんです」

でも体重移動を使わなかったら、安定はしても飛距離は出ないのでは?

「そんなことはありません。タイガーをはじめ、ロリー・マキロイ、米ツアーを代表する飛ばし屋ダスティン・ジョンソンも1軸。スウィング自体はみな個性的ですが、体重移動しないという点では同じ。どの選手も、アドレス時の重心位置を保ったまま、その場で回転しています。体重移動を使わないからといって、決して飛ばないわけではないんですよ」

今季絶好調ながらマスターズ優勝は叶わなかったタイガー。この1軸打法を武器に、次のメジャーでは大暴れするのだろうか。

●中村 龍明(なかむら・たつあき)
理想のスウィングを追い求めて世界を旅した結果、1軸の理論に出会って心酔。日本で数少ない、この打法を実践&指導できるツアープロ。48歳。ゴルフネットワークのラウンドレポーターに抜擢され、現地入りした。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!