ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ゴルフスウィングは「4拍子」が黄金リズム!

2013/04/11 21:45


「週刊ゴルフダイジェスト」(4月23日号)より

よくゴルフのスウィングはリズムが大事と言われるが、そもそも「いいリズム」って何なのか? ゴルフ雑誌等でおなじみの金谷多一郎プロは、「バックスウィングとダウンスウィングの比率が3:1になる4拍子」がいい、と言う。その理由を聞いてみた。

* * *

<< 下に続く >>

いいリズムでスウィングすることは、ナイスショットの必須条件です。プロや上級者が安定したショットを打てるのも、常に一定のリズムでスウィングできるからです。では、具体的に、どんなリズムでスウィングすればよいのでしょうか。

スポーツの世界では、効率よくパワーを生み出すためには、4拍子のリズムが最適といわれ、これは運動力学的にも証明されています。たとえば、みんなで力を合わせて重い物を持ち上げるときも、「いち、に、の、さーん」の掛け声で息を合わせます。

これも4拍子です。

世界のトップ選手たちも、形は違えど、バックスウィングからインパクトまでは、ほぼ4拍子のリズムで振っています。詳しくいえば、テークバックからトップまでが3で、ダウンスウィングからインパクトまでが1の比率になる4拍子です。

プロのなかにはトップが小さい人もいれば、ミケルソンや横峯さくらのようにオーバースウィングの人もいますが、この比率はほぼ同じです。

イチ・ニ・サンでバックスウィングしてパワーを溜め、ヨンのインパクトで一気に解放する。そんなイメージを持つとよいでしょう。

プロを見てその形をマネしようとする人が多いようですが、それよりもリズムをマネしてみてください。

そのほうが、ナイスショットの確率は上がりやすいのです。

●解説 金谷多一郎(かなたに たいちろう)
84年にプロ入り。87年伊香保国際オープン優勝。現在はトーナメント解説からレッスンまで、テレビ雑誌を中心に活躍中。97年レッスン・オブ・ザ・イヤー

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!