ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

エージシュート1000回の男。ヒミツは「飴玉」!?

2013/02/27 22:51

「週刊ゴルフダイジェスト」(3月12日号)より

今年1月14日、なんと1000回目のエージシュートを達成した89歳のスーパーおじいさん、植杉乾蔵さん。89歳にしていまだに70台のスコアも叩きだすという植杉さんのゴルフ、その秘訣は何なのだろう。

* * *

<< 下に続く >>

GD 2012年の平均スコアはどのくらいでしたか?

植杉 おそらく83~84くらいだったはずです。エージシュートの達成率は90%以上でした。

GD それはすごい! その安定感の秘訣があれば教えて下さい。

植杉 リズムを保つことですね。ミスしたときに「いつものように打てれば……」と思うことがあるでしょう? つまり「いつもどおりに」プレーしさえすればベストスコアが出るはずなんです。その「いつもどおり」のカギになるのがリズム。速くなっても遅くなってもいけません。リズムが悪くなると、スウィングもメンタルもすべて崩れてしまいます。

GD リズムよくプレーするためにどんなことを意識していますか?

植杉 たとえば、カートに乗らずに極力歩くことです。カートに乗ると、移動中は座っていてそこからプレーするときに急に動き出すからリズムが作れない。また、常に普段通りのプレショットルーティンをすることも大事。大きな試合のときや、プロと一緒にラウンドして緊張すると、私は打つ前の素振りを忘れてしまうんです。そういうときは、スウィングも速くなって必ずミスします。

GD リズムが崩れてしまったらどうやって立て直すのですか?

植杉 リズムが崩れるのは自分ではなかなかわからないんです。でも私のリズムが悪くなってくると、妻の千枝子が飴玉をくれるんです。それをなめるとリラックスして普段に戻れるんですよ。

* * *

<< 下に続く >>

千枝子さんから見ると、植杉さんのリズムが速くなるのは一目瞭然だという。そんなときは、バッグから飴やキャラメルを手渡すのだという。エージュシュート1000回達成には、妻の支えがあったのだ。

あのJ・ニクラスは、多くの選手がテレビカメラを意識していやがるなか、まったく意に介さずプレーを続けていたという。その平常心と集中力が、植杉さんのお手本にもなっている。心・技・体が整ってこそのゴルフ。植杉さんのプレーがそれを教えてくれている。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!