ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ボールが「つかまる」感覚って、知ってる?

2013/02/19 00:00


「週刊ゴルフダイジェスト」(3月5日号)より

弱々しいコスリ球を打っているうちは飛距離も出ないし、方向性も悪い。では、どうしたら上級者のようにしっかり球をつかまえることができるのか? 週刊ゴルフダイジェストでは、ボールをしっかり捕まえて飛ばす「本物のインパクト」を手に入れる秘訣を、鈴木亨プロがレッスン。その内容を紹介しよう。

* * *

<< 下に続く >>

球をつかまえる最大のポイントは、インパクトゾーンにおける手元の動き(運動量)を小さくして、ヘッドの動きを大きくすることにあります。

これができると、インパクトゾーンでヘッドが手元を追い越し、フェースが自然にターンするので、球がつかまるようになるのです。

そのためには、上半身をリラックスさせ、体の動きにつられて腕やクラブが勝手に振られるようにすることが大切です。「スウィングはでんでん太鼓の動き」などといいますが、まさにそのイメージです。

それに対して、球がつかまらない人というのは、手先や腕の力でヘッドを振ろうとする傾向があるようです。しかし、小手先の力に頼るほど、インパクトゾーンにおける手元の動きは大きく、ヘッドの動きは小さくなってしまいます。その結果、ヘッドが手元を追い越すタイミングが遅れ、フェースが開いて当たり、球がつかまらなくなるというわけです。

●解説/鈴木 亨(すずき・とおる)
89年にプロ入り。高い精度と飛距離を兼ね備えたドローボールを持ち球に、ツアー通算8勝を挙げたショットメーカー

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!