ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

グリーンでは「もうひとりの自分」がパットする!?

「週刊ゴルフダイジェスト」連載「考えないパッティング。」(2月26日号)より

「グリーン上でパットを打つ前に、仮想の自分にボールを打たせてみましょう」と話すのは、週刊GDで連載を担当、「3パット撲滅に努力はいらない」と断言する石井 忍プロ。「仮想の自分をイメージする」とはどういうことなのだろうか。

* * *

<< 下に続く >>

グリーン上でストローク前にしなければならないことはなんでしょう。ライン読みは当然として、ほかにやらなければならないことは? 素振りによるストローク軌道の予行演習や振り幅の確認? フェース向きをスクェアにすること……。

僕がお勧めするのは“ボールの転がる様子”をイメージすることです。ラインを読んだら、ボールがどのくらいのスピードでどのくらい転がって、カップのどこから入るのか。これから打とうとするボールの転がり(ラインと転がるスピード)を頭のなかで一度イメージし、その転がりを再現するようにパットするのです。

多くのアマチュアはボールを目の前にすると、どうしてもストロークやクラブフェースの向きばかり気になってしまいます。また、転がりのイメージがうまく浮かばない人もいるかもしれません。

そこで、こんな方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。登場するのはもうひとりの自分。自分が打っている姿をイメージし、3歩ぐらい離れた後方からイメージした自分が打ち出したボールの転がりを客観的に観察してみるのです。飛球線後方でしゃがんでラインを読むときに、仮想の自分にボールを打たせるといいでしょう。自分の代わりに、タイガーなどの名手に代行させてもいいですね。

●石井 忍(いしい・しのぶ)
ツアープロ。近年はプロコーチとして諸藤将次金田久美子などを教える。世界的に有名なD・ペルツやD・ストックトンのようにアプローチ&パットレッスンに特化した日本初のショートゲーム専門プロコーチ

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!