ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ゴルフ素朴な疑問 「なぜ冬は飛距離が落ちる?」

2012/12/20 13:09


「週刊ゴルフダイジェスト」(2013年1月1日号)より

「冬は1番手以上は飛距離が落ちます。特に気温がひとケタになったら、1.5~2番手くらいは違うと思います」というのは、アマチュアのレッスン経験も豊富な星野豪史プロ。まず、グリップが寒さで冷たくなり硬く感じて普段のスウィングができなかったりするのが原因だという。

さらに着ぶくれも飛ばなくなる大きな原因。「当たり前ですが、着ぶくれでスウィングすると体が動きづらくなります」

また、寒いと筋肉が硬くなるのも飛ばなくなる原因。

「この要素が一番大きいと思います。ウェアの着すぎもそうですが、寒くて体が縮こまると、自分では気づかないうちに、自然に体が回らなくなってトップの位置が浅くなります」

様々な要素が複合的に重なり、冬のショットは飛距離が落ちるという。さらに、「無理して振ろうとするとミート率が下がってミスが出やすくなるので、どんどんスウィングはコンパクトになります。結局、1~2番手大きめのクラブでハーフショットしたほうが正確に打てるんです。だから、寒くなればなるほど、番手は普段よりも大きくする必要があるのです」

地面から打つアイアンショットは、さらに飛距離が落ちる要因が増えるという。

「芝が薄いとダフる気がするので、上から打ちこむようになります。打ち出しが低くなり、さらにバックスピン量も増えるので飛ばなくなるんですよ」

しかし、この打ち方をしないとダフる可能性が高まるので、あくまで番手を替えての調整が必要になってくるのだという。また、冬はベアグラウンドも多いので注意したい。

「ボールが上がりにくく感じる芝が薄いライからは、上げるためにヘッドをボールに合わせようとして手打ちになり、今度はトップすることも多いんです」

様々な要因で飛距離が落ちる冬のラウンド。全ての要因を気にし過ぎてもいけないが、それぞれその“克服法”のヒントがある。自分が陥りやすいミスパターンをみつけて、試してみるといいだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。