ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

いまや女子プロ界は「5番を捨てよ、UTで出よう」が常識!?

「週刊ゴルフダイジェスト」(2012年9月18日号)より

いよいよ日本の女子ツアーも後半戦に突入。賞金女王を巡って戦いが激化するが、最近の女子プロのクラブセッティングに、大きな変化が起きていることをご存知だろうか。何人もの選手が「5番アイアン」を使わず、UT=「ユーティリティ」クラブをバッグに入れているのだ。

その点を取材した「週刊ゴルフダイジェスト」9月18日号の記事によると、「先日、念願の米女子ツアー初優勝を果たした宮里美香も、5番アイアンの代わりにロフト23度のUTを入れ、アイアンのセットは6番から。日本ツアーの選手にも、5番どころか6番アイアンも抜いて、そのぶんロフト違いのUTを2本入れているプロもいるなど、“UT人気”がにわかに高まっている」としている。

<< 下に続く >>

「ユーティリティ」といえば、ドライバーやフェアウェイウッドといった「ウッド型」クラブと「アイアン型」クラブの中間に位置するクラブ。ウッドのボールの上がりやすさと、アイアンの方向性の出しやすさを併せ持った“ハイブリッドクラブ”として、アマチュアにも人気のやさしいクラブで、多くの番手があるのが特徴だ。

記事ではさらに、女子プロが何故UTに換えたのか、を探っている。すると、「5番アイアンより高さが出るからグリーンで止まる」(飯島茜)「スウィートスポットが広いから、多少芯を外しても大きなミスにならない」(上原彩子)など、UTには多くのメリットがあることがわかった。そのメリットがプレーヤーの安心感につながり、「力まず振れる」ことも大きいのだという。

確かに毎週のトーナメントを見ていると、パー4ホールの第2打や、長めのパー3ホールのティショットといった場面で、UTを使って見事にピンそばにボールを運ぶ場面が多く見られる。

もちろん、5番アイアンをUTに換える場合には、ロフト選びだけでなくちょっとしたクラブの調整が必要になることもあるし、UTでのショットを成功させるためのスウィングのポイントもある。

我々アマチュアも、そんな女子プロたちの様々な工夫を研究してみては? プレーの幅が広がり、スコアアップに役立つこと、請け合いだ。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!