ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:ベルリーブCC(ミズーリ州)

ウッズ26位で3年8カ月ぶりトップ30 ケプカは自己最高2位/世界ランク

12日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、今季メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」を制したブルックス・ケプカが4位から自己最高の2位に上がった。世界ランクの平均ポイントは、1位ダスティン・ジョンソンに0.3ポイント差に迫った。

ジャスティン・トーマスジャスティン・ローズ(イングランド)が1つずつ後退し、それぞれ3位と4位になった。ジョン・ラーム(スペイン)は5位に2つ上げた。

<< 下に続く >>

大会2位のタイガー・ウッズは51位から26位まで浮上し、2014年12月以来のトップ30入りとなった。大会3位のアダム・スコット(オーストラリア)は31ランク浮上し、45位。

大会35位の松山英樹は16位で変わらなかった。小平智は1ランク落ちて38位、池田勇太は2ランク下がり98位になった。

予選落ちした日本勢では、宮里優作は82位に4つ下がった。時松隆光は107位に1つ下げ、今平周吾は111位に2つ下がった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!