ニュース

米国男子フェデックス セントジュードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

D.ジョンソンが4週ぶりの1位 松山英樹は10位で変わらず/男子世界ランク

10日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、米ツアー「フェデックス セントジュードクラシック」で今季2勝目を挙げたダスティン・ジョンソンが、4週ぶりに1位に返り咲いた。

ジョンソンと入れ替わったジャスティン・トーマスが2位。3位はジャスティン・ローズ(イングランド)で変わらなかったが、ジョーダン・スピースが1つ上がって4位となり、ジョン・ラーム(スペイン)が1つ下げて5位となった。

10位の松山英樹らそのほかのトップ10に変動はなし。52位のエミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)と57位のアン・ビョンフン(韓国)が「6月11日時点の世界60位まで」の資格で、新たに「全米オープン」(14日開幕、シネコック・ヒルズGC)の出場権を得た。

日本勢2番手は35位の小平智、3番手は68位の宮里優作で、ともに順位は前週と変わらなかった。

関連リンク

2018年 フェデックス セントジュードクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~