ニュース

米国男子ウェルズファーゴ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ウェルズファーゴ選手権
期間:05/03〜05/06 クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)

デイがトップ10返り咲き 松山英樹は9位に後退/男子世界ランク

6日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「ウェルズファーゴ選手権」でツアー通算12勝目をあげた30歳のジェイソン・デイ(オーストラリア)が7ランクアップの7位に浮上。約2カ月ぶりにトップ10に返り咲いた。

1位のダスティン・ジョンソン、2位のジャスティン・トーマス、3位のジョン・ラーム(スペイン)らトップ5に変動はなし。ブルックス・ケプカが9位から11位に順位をさげた。

日本勢トップは松山英樹で1ランクダウンの9位。小平智が27位、宮里優作が60位、池田勇太が64位、谷原秀人が94位で続いた。

日本ツアーを主戦場にし、先週のアジアンツアー「GS カルテックス メキュンオープン」で優勝したパク・サンヒョン(韓国)は、214位から158位と大きく上昇した。

関連リンク

2018年 ウェルズファーゴ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~