ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2015年 BMW選手権
期間:09/17〜09/20 コンウェイファームズGC(イリノイ州)

デイが初の世界1位に 松山英樹14位、石川遼は58ランク↑で148位

米国男子のプレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」で完全優勝を飾ったジェイソン・デイ(オーストラリア)は、世界ランクポイント「72.00」を加算。平均ポイントを「12.64」とし、世界ランク3位から念願の1位へと躍り出た。世界ランク1位の座は昨年8月以来、約1年半にわたりロリー・マキロイ(北アイルランド)とジョーダン・スピースで争われてきたが、直近6試合で4勝を挙げる破竹の勢いで、デイが2人の間に割って入った。

デイと入れ替わり2位となったマキロイは、同大会で4位フィニッシュ。ポイントを「17.76」加算し、平均ポイントを「11.89」としている。押し出されるように世界ランク3位に後退したスピースは13位とし、平均ポイントは「11.86」となった。

大会を2位で終えたルーキーのダニエル・バーガーはポイント「43.20」を加算し、前週の93位から47位へ。3位に入ったスコット・ピアシーはポイント「28.20」を加算し、26ランクアップの43位へ浮上した。

7位でフィニッシュした松山英樹は、前週の16位から14位へ順位を上げた。

国内男子ツアー「ANAオープンゴルフトーナメント」で今季初優勝を飾った石川遼は、ポイント「16.00」を加算し、前週の206位から148位へと58ランク順位を上げた。

欧州ツアー「イタリアオープン」でツアー初優勝を飾ったリカルド・カールバーグ(スウェーデン)は114ランクアップし、133位となった。

関連リンク

2015年 BMW選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。