ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今平周吾が34位に浮上 松山英樹は20位/男子世界ランク

24日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、国内ツアー「ダンロップフェニックス」で今季2勝目を飾った今平周吾が26ポイントを加算。45位から34位に浮上し、年度末のトップ50位までに出場資格が与えられる2020年「マスターズ」に向けて前進した。

トップ10では、欧州ツアーの今季最終戦「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」を制したジョン・ラーム(スペイン)が2ランクアップの3位。ダスティン・ジョンソンは4位、ジャスティン・トーマスは5位にそれぞれ後退した。1位のブルックス・ケプカ、7位のタイガー・ウッズに変動はなかった。

<< 下に続く >>

「ダンロップフェニックス」を8位で終えた松山英樹は20位から動きはなかった。

日本勢の3番手は107位の星野陸也(1ランクダウン)。114位に石川遼(5ランクダウン)、139位に堀川未来夢(1ランクダウン)、141位に比嘉一貴(2ランクアップ)、153位に時松隆光(1ランクダウン)が続いた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!