ニュース

欧州男子ボルボ中国オープンの最新ゴルフニュースをお届け

「いま僕はココにいます」Vol.31中国編

2018/04/26 07:30


人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・24歳。2012年のプロデビューから活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。幼い頃から海外を旅することこそが夢で、6年間のプロ生活で巡った国の数は実に30以上。キャディバッグとバックパックで世界を飛び回る渡り鳥の経路を追っていこう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

プロゴルファーの川村昌弘です。
いま僕は、北京にいます。

前週、大阪で行われた日本とアジアンツアーの共同主管競技「パナソニックオープン」で4位タイに入りました。そこで巡ってきたのが、アジアンツアーと今度は欧州ツアーとの共催試合「ボルボ中国オープン」の出場権(前週大会5位以内の資格)。日本ツアーの「中日クラウンズ」はキャンセルして、23日(月)に中部国際空港から直行便で飛んできました。

「中日クラウンズ」は、好きなコースのひとつである名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースでの開催、地元・中部地方の試合とあってぜひ出たかったんですが…。今年はまだ欧州ツアーの試合に出ていなかったこともあり、思い切ってこっちを選びました。

日本はすでにエントリーを済ませていたため、急きょ欠場したことによる罰金10万円を払う羽目になりました。それもルールですから仕方ありません。まずはしっかり予選を通って、罰金を“チャラ”にしたいです!

会場のトップウィンG&CCからは、万里の長城が見えるんです。実際には自動車で40分くらいのところ。練習の合間にもちろん行ってきました。景色は雄大でしたが、上りのロープウェイや、急坂を下るコースターが怖いのなんのって…(笑)。中国は言葉の問題などでトラブルもありますが、めげずに頑張ります。

<今週のランチ>
コースで食べたポークライスのようなチャイニーズランチ。煮豚をのせたご飯です。スープがついて120元(約2069円)でした。味は……微妙!

旅人ゴルファー

KAWAMURA COUNTER

  • これまでの移動距離
    00
  • 行った国
    00
  • バーディー数
    00

Profile

川村昌弘
川村昌弘(25)Masahiro Kawamura
1993年6月25日・三重県生まれ。5歳の時に父と一緒にゴルフを始め、小学生時代には全国大会の常連選手に。ジョーダン・スピースやジャスティン・トーマスらと出場したフランスでのジュニア大会をきっかけに将来の海外転戦を夢見る。高校卒業後にプロ転向し、2013年に20歳で出場した日本&アジアン共同主管大会「アジアパシフィックパナソニックオープン」でツアー初優勝を飾り、海外進出の足がかりを得た。
川村昌弘選手の略歴・戦績はプロフィールページで

関連リンク

2018年 ボルボ中国オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~